誰もが踏み出せる時代です|投資用ワンルームマンションで収入UPを目指せ|将来の為に必要
レディ

投資用ワンルームマンションで収入UPを目指せ|将来の為に必要

誰もが踏み出せる時代です

集合住宅

会社員でも公務員でも

マンション投資と聞くと、企業経営者や代々引き継がれていた土地を持つ地主が行うものという印象がありますが、最近は一般の会社員が行う場合も少なくありません。経済状況が不安定な現状にある今の時代、マンション投資は安定した収益が見込めるため、多くの人々から人気を集めています。マンション投資をするうえでネックになるのが銀行からの融資ですが、個人投資家への不動産融資は、現在積極的に行われている傾向にあります。融資に関して過去に事故情報なども無く、安定した収入がある場合には、個人でも不動産融資をしてもらうことは十分に可能です。そのため、マンション投資は一般的な会社員や公務員の間でも増加傾向にあり、無理を強いられない範囲内で行っていくことができます。

様々な融資形態

銀行では低金利による不動産融資が行われており、会社員でもマンション投資で金利が重荷になることはそうありません。ただ、銀行で融資を受ける場合は、頭金を支払うことが融資の条件になることも多く、ある程度の手持ちが必要になるケースがあります。収益物件の融資を受けるには、一般的な会社員で、物件の2割りから3割ほどの頭金を必要とされます。しかし中には、手持ちの預金がまとまってあることが確認できれば、頭金を必要としない銀行も存在しているため、軽い負担でスタートすることもできます。また、融資期間、投資物件の築年数に応じて柔軟に対応してもらえる、地方銀行や信用金庫を活用する手もあります。メガバンクに比べると金利は高くなりますが、資産状況や投資物件に合わせて、バランスの良いマンション投資が行えます。