賃貸経営の安定化のために|投資用ワンルームマンションで収入UPを目指せ|将来の為に必要
レディ

投資用ワンルームマンションで収入UPを目指せ|将来の為に必要

賃貸経営の安定化のために

硬貨

どんなときでも家賃を確保

賃貸住宅を経営するに際して最も重要なポイントは、家賃収入をいかに安定的に確保するかということに尽きます。言うまでもないことですが、入居者がいなければ家賃収入を得ることができません。そして、たとえ入居者を集めることができたとしても、滞納や回収不能などのリスクに対する備えがなくてはなりません。そのため、オーナーは家賃収入を確実にするためのさまざまな対策を講じる必要があります。そうした選択肢の1つに、家賃保証があります。家賃保証とは、専門の事業者に業務を委託して、家賃収入が欠けることのないよう担保することをいいます。長期にわたって収益を安定できる手段として人気があります。特に経営経験の浅いオーナーからは高い信頼を得ています。

2種類の保証制度

家賃保証には、大きく分けて2つの種類があります。1つは、家賃の債務保証、そしてもう1つは家賃の支払い保証です。債務保証は、一般的な賃貸借契約における連帯保証人制度に代わるものです。専門の事業者と保証契約を結ぶことにより、入居者に債務不履行があった場合に代理弁済を求めることができるようになります。一方、支払い保証は一括借り上げによって物件の運営そのものを専門事業者に委託し、その結果として家賃保証を受けるというものです。この場合オーナーは経営のイニシアチブを事業者に譲り渡すことになるので、その点には注意が必要です。その代わり入居者の確保については、事業者側の責任となります。さらに、オーナーには実際の入居率に関係なく満室家賃のうちの一定額の支払いが保証されます。